フラット35の技術基準について

住宅ローン借り換えのさいにも大変有利なフラット35ですが、
これを利用するためにはその物件が一定の技術基準を
満たしていることが求められています。

この技術水準は新築か中古か、マンションか
一戸建てかによっても変わってきます。
ここでは新築の物件を例として取り上げて
その技術基準についていくつかをご紹介しましょう。

住宅の規模として、一戸建てなら床面積が70平方メートル以上、
共同住宅の場合なら、30平方メートル以上という規定があります。

また住宅の敷地が2メートル以上は道に接している
物件である必要があります。
住宅の規格として、原則として2以上の居住室、
炊事室、便所、浴室があり、独立した生活営むことができるものと
規定されています。

住宅各部は気候条件に応じて室温を保ち
結露を防止する構造であることも必要です。
また共同住宅の場合、20年以上の長期修繕計画が
定められていることもその基準のひとつに挙げられています。

そのほかにもいくつかの厳格な技術水準を満たすことが要求されています。
このようにフラット35は優良物件を確保するようという
意図から行なわれている公的な融資なのです。

Comments are closed.