即日融資で借りれるランキング3
1位  プロミス

借入利率6.3%~17.8%と安心サービス。
さらに、自動審査で最短1秒回答でスピーディーに対応。

実質年率 借入限度額 審査時間 担保保証人
6.3%~17.8% 300万円 最短30分 不要

2位  モビット

「Myモビ」という充実の会員専用サービスで、お客様のご要望に応えます。
また、電子領収書サービスでプライバシーもしっかり保証されています。

実質年率 借入限度額 審査時間 担保保証人
4.8%~18.0% 500万円 最短10秒 不要

3位  レイク

初めてご契約頂いた日の翌日から、ご契約額(極度額)に関わらず、お借入額全額が30日間無利息!
レイクは、お客さまの余裕をサポートします!

実質年率 借入
限度額
審査時間 担保
保証人
4.5%~18.0% 500万円 画面に審査結果を表示 不要

どう活用する??
消費者ローンは賢く使えば怖い存在ではありません。返すメドが立たない借入をすれば消費者ローンでなくて銀行でも怖い存在になってしまいます。現在は上限の金利が決められていて、グレーゾーン金利では貸し付けが出来ないので、銀行も消費者ローンもそんなに違いはありません。むしろ借入の審査が楽なので、返済計画が出来ていればかりるのになんの問題もありません。
自分にあったローンを選ぶ > 即日融資の消費者金融はどこ??


信用第一で選ぶ。

ローンの融資を受ける際、
その借り入れ先で最も気を付ける事は、信用第一で選ぶと言う事です。
ローンの融資を行っている所は沢山あると前回説明しましたが、
その沢山ある会社がすべて信用出来る会社とは限りません。
中には俗に言う悪徳金融もありますので、
もしそういった所からローンの融資を受けると、
考えるだけでも恐ろしい事になりそうです。
ですのでローンの融資を利用する際には、
その借り入れ先についてしっかりと調べないと、
そういった危険な事にも繋がります。
ローンをご利用になる時には、
そこが間違いなく信用出来る所であるかをしっかりと確かめ、
利用するようにしてください。
ローンの利用を誤って、
生活や仕事がメチャメチャになったと言う事は良く耳にする話です。
ローンの利用、すなわちお金を借りると言う事は、
常にそういう危険性もあると言う事を今一度しっかりと認識するようにしましょう。
それらが分かっていれば、
ローンの融資を受ける際に信用出来る所のみ利用するはずですから、
その利用で間違う事は無いはずです。
信用できる所でローンの融資をご利用になれば、
後はきちんと毎月返済を行うだけですので、
快適にローンを利用する事が出来ると思います。

申し込みが便利なところが多いです

カードローンを考えているのであれば断然、金利や信用面から考えても
銀行系カードローンというのがお得になるのですが、
どうしてもローンというと昔のローンの申し込みのように
来店しないと申し込みできないのではないかと考えたり、
申し込み自体、とても面倒なのではないかと考える人がとても多いです。

確かに以前は多少、
申し込みが面倒と考える人もいましたが、
ここ最近のカードローンの申し込みは
かなり便利な申し込み方法になってきています。

消費者金融系のカードローンのところでも
銀行系カードローンのところでも
最近では基本的に、インターネットでの申し込みを
することが出来るところがほとんどとなっています。

なので、申し込みたいときに仕事が終わった後に
自宅のパソコンを利用してネットでの申し込みというのを
手軽に出来るようになっていますし、
ネットでの申し込みなどがなんとなく心配だという人や、
ちょっと聞きたいことがあるという人などは
電話での申し込みをすることが出来るケースも多いのです。

電話でも申し込みをすることが出来るのであれば、
ネットでの申し込みはちょっとわかりにくいし
自信がないという人でも申し込みが出来るようになります。

他にも、カードローンの会社によって
郵送での申し込みなどをしているところが多いので、
用途に合わせて手軽に申し込みをすることが
出来るようになっているのです。

住宅が完成するためのつなぎ融資とは

夢のマイホームの建設をいざしようと計画し各種見積もりなどを出してもらうと住宅ローンの申し込みを行います。
住宅ローンの申し込みが終わり審査も無事に通ってもすぐに融資が実行されるわけではありません。
住宅ローンは対象となる住宅に抵当権を設定して担保として借り入れを行います。
ですから融資が実行されるのは住宅が完成して、ローン契約者である借主に引き渡しが完了してからとなります。

しかし工事の進捗状況に応じて施工会社にはお金を支払う必要があります。
融資が実行されないのにお金を払うのは難しいというケースではつなぎ融資を使うことになります。

つなぎ融資は、住宅が完成し実行されるまでの間の資金を別のローンを組むことによって支払っていくことです。
住宅ローンが入金されたらつなぎ融資で借りていた分のお金を返すということになります。

土地を購入して1からの建設の場合には数か月間にわたってつなぎ融資をしなくてはならず、
つなぎの部分となるローンの金利などを慎重に考え選ぶ必要があります。

またすでに建てられているマンションや戸建てなどでも建物の引き渡し日と実行までに時間がある場合には数週間でもつなぎ融資が必要となるケースもあります。

visa・マスターのキャッシングのメリットと比較

以前利用していた銀行カードが住友visadcカードクレジットカードととてもよく似ていて、銀行ATMからキャッシングをしたとき、間違えてクレジットカードを利用してしまいました。

利用してすぐ気づいて、クレジット会社に電話をしたのですが、クレジット会社によるキャッシングの意味は借金なので、利息が発生してしまうのです。結局、多額のキャッシングではなかったので、利息はわずかでしたが、キャンセルできず支払わねばならなくなりました。


今年にはいって海外でvisaクレジットカードで外貨キャッシングを利用したのですが、外貨との両替手数料がかからず、キャッシングできます。ただ、やはり借金なので、支払い月までの2か月分の利息を支払う必要があります。
ただ、どこも、両替手数料率が高いので、支払利息と比較すると利息を払っても得かなという気もしました。ただ、キャッシングとクレジット利用枠内なので、両方の利用金額がオーバーしないよう注意は必要かと思います。

比較サイトがたくさんある中で、消費者金融はかなり私たちの生活に密着しているのがわかります
特に最近は多くの人たちがこの手の業者さんを選んで使うようになっていますから、それだけメジャーな存在になっているのがわかるのです。

特に多くの人たちがその内容をしっかりと確かめるためにもこの手のサイトは欠かせない要素を持っています。
よりよい暮らしをしたいと思った場合、消費者金融は私たちの暮らしのグレードを上げてくれる能力を有しているのです。
借りやすくて返しやすいという理想の環境になっている現在は、私たちがどのようにしてこれを上手に使うかという事に全てがかかっているともいわれています。
サイトごとに比較してみると、消費者金融は金利やサービス内容などかなり細かい部分に渡って違いがあり、それが私たちの暮らしにも直接の影響をもたらすとされています。
このような特徴を持っている業者さんについて、内容を見て適切に判断するのは何よりも大事なのです。

消費者金融の金融商品ってどんなものがあるの?

消費者金融の会社って沢山あるけど、金融商品って一体いくつぐらいあるんだろう?ついでだから後学の為に色々調べちゃえ!どれどれ…。
代表的なのが「フリーローン」と呼ばれるもの。

担保・保証人が不要で煩わしい書類の手続きが一切ない。
ただし限度額が低めで、金利も高めらしい。

そのかわり比較的誰にでも借りやすいみたい。
それと最近注目を集めているのは「金利優遇タイプ」あらかじめ金利が低めに設定されていて、フリーローンよりは高額な融資を受けられるみたい。
『30日間無利息』もこれに当たるらしい。
金利は低いけど安定した収入のある人限定みたいだ。
使途や対象者を限定したタイプもある。
女性・学生・アルバイトもOKっていうのがこれに当たるみたい。
その他には結婚式、葬式、入学、旅行など、各種イベントに応じた金融商品もあるらしい。
不動産を担保に高額な貸し付けと低金利で優遇してもらえる金融商品もあるんだね。
お金を借りる前によく調べておくと、お得に賢く借りられるんだね!

忘れてはいけない事

消費者金融のイメージには、多重債務やブラックリスト、闇金融などという言葉も付いてまわると思います。
実際に借金が膨らんで、苦しんでいる人がいる事は事実です。
計画的に利用しなければ、自分だって返済困難の状況に陥る危険性があるのだという認識を持つ必要があります。

現在の消費者金融は、有名タレントをつかって明るいCMを流したり、インターネットなどを使って、自宅から手続きを行うなど便利なサービスを行っています。
フリーターや専業主婦でもOKとか、女性向けのローンなどの商品も出ています。
だからこそ、私のような初めての人間でも利用してみようと思えたわけです。
ですが、便利である、手軽である、負担が軽いといった印象は、反面、これが借金であるという認識を薄れさせる事があるのかもしれません。
追加の融資を受けても月々の返済額が変わらないリボ払いの場合は、特にそうなのではないでしょうか。
カードでお金を引き出す時、それが自分の貯金であるかのような錯覚をしないように注意したいですね。
また、借金である以上必ず利息がつくという事もきちんと認識しておきたいところです。
当然ですが、借り入れ金額が大きければ大きいほど、借入期間が長ければ長いほど支払う利息は大きくなります。
長期にわたって月々定額の返済をしていると、自分がどれだけの利息を支払っているのか把握できなくなりがちです。
最終的に完済すればよしという考え方もいいのですが、自分が利息として支払うのは一体どれ程なのかを知るのは大切だと思います。
返済プランの見直しや、繰り上げ返済などによって元本を減らしていけば、それだけ支払う利息も減り、より短期間での返済が可能になるでしょう。
友人が真面目な顔で私い言いました。
「今回私から勧めておいてなんだけど、いくら少額とはいっても借金だからね。

」私はしっかり頷きました。
一人の成人として、社会人としての信頼を得て融資を受けるわけですから、責任を持って返済したいと思います。

初めてキャッシングでお金を借りる

つい最近、消費者金融で初めてお金を借りることがありました。
これまで人生を生きて生きた上で、お金というものに不自由する生活を暮らしの中で感じたことがありませんでした。
「人間万事塞翁が馬」という言葉あるように、人間の幸せも不幸もその人の生き方の中の考え方一つです。
お金を借りることに対してこれまで経験が無かったので、消費者金融からまとまったお金を借りるということに少し、後ろめたい気持ちを覚えました。
でも、世の中には、お金を上手に借りて生活を豊かに送ってらっしゃる方もたくさんいる。

テレビでは、盛んに消費者金融のCMを見ることが出来るのだから、本当は、借りることに対してそんなに抵抗を感じる必要は無いのかもしれません。
でも、お金を消費者金融で借りるということは、それなりの金利を借りた分の元金に上乗せして返済しなければならないという当たり前のことを以外と忘れがちになるという落とし穴があるかもしれません。
 多重債務などで借金が膨らんでしまってどうにもならない人達には、計画的にお金を借りるということを前提にキャッシングを慎重に考えてください。

お金を借りた場所

会社の同僚は、数日私や他の同僚に、お願いだからお金を貸してくれないか。

家賃を支払うことが出来なくて、本当に困っているんだ。
と、大変そうに話をしていました。

私も沢山お金を使ってしまい、
次のお給料日まではお金がないよ。
と断りました。
その同僚が、急にお金を貸してくれ。
と言わなくなったので、どうしたんだろうか。
と不思議に思っていたのです。
そして話を聞いたところ、消費者金融を利用してお金を借りた。
ということを教えてくれたのです。
消費者金融を利用してお金を借りた。
という話を聞いて、堂々と話が出来ることではないな。
と私は思ったのですが、同僚の様子を見ていると、
消費者金融を利用したことを、恥ずかしいと思っていない様子だったのです。

消費者金融でお金を借りるくらいなら、友人からお金を借りたり、
両親や家族に頭を下げた方がいい

といった話を以前聞いたことがありました。

その話を受けて、私は消費者金融について、
あまりよいイメージを持っていなかったのです。
しかし、同僚は消費者金融について、
私のような考え方をしているとは思いませんでした。
私も、同僚と同じように、次のお給料日までお金がないからといって、
消費者金融を利用することが出来るのでしょうか。
また、消費者金融を利用しても良いのでしょうか。

不思議に思った私は、消費者金融についてもっと知りたいと思いました。
お金を貸すということを断ってしまいましたが、
同僚は消費者金融を利用するのではなく、
他にもお金を借りる方法を確認し、検討をしたと思います。
しかし、最終的に消費者金融を利用する。
という答えにいきついたということです。
何か消費者金融に、魅力を感じたことには間違いないと思いました。
今まで消費者金融について、詳しい話を聞いたことはありません。
また、今後私もいろいろとお金が必要ですし、
いざというときのために、利用をする手段として
考えておくことも、1つの方法ではないだろうか。

と思ったのです。

驚異の自動審査システム

消費者金融からお金の借りる場合、
わずか1分たらずの審査で、
融資の可否や上限が決定されるのが
当たり前になっています。
わずか1分で何を、またどうやって
審査するのか不思議に思うことでしょう。
この短い審査を可能にしているのが、
自動審査システムと呼ばれるものなんです。

自動審査システムとは、膨大なデータをもとに、コンピューターが
その人の返済能力を瞬時に判断し、
融資の可否を判定してしまうすごいシステムなんです。
ただ、その原理はいたってシンプルなものです、
ちゃんと返済する人としない人の膨大なデータを集めて、
グループわけし、返済能力の有無の傾向を割り出していくのです。

また、いわゆるブラックリストもデータ化されているので、
ある消費者金融できちんと返済していなければ、
ブラックリストにのり、他の消費者金融での融資も難しくなります。

このように、コンピュータによる自動審査システムが確立したことで、
むかしはよく見られた支店長によって
融資可否が異なるということはなくなってしまいました。

消費者金融の特徴②

消費者金融ならではの特徴には、即時審査・多様な申し込み方法の他に、返済方法が多様である点も挙げられるようです。

その方法には、店頭での返済のみならず、ATM・銀行振込や現金書留の送付でも良いみたいです。
その支払い方法の多様化には、少しでも多くの返済機会を顧客に与える事で、確実な返済を望む貸金業者の意図があるのだと思います。

返済方式については、「リボルビング方式」が適用されているようです。
この方式は、一定の限度額を設定する事、返済額の支払い最小額を定め、支払いのタイミングを自由に自分で決められる事、限度額の範囲以内ならば、借り入れのタイミングを自由に自分で決められるという3つの特徴で構成されています。

この方式は、カードを利用する事で、自由に現金の入出金が出来るATM等の利用においては、とても利便性を感じられる方式だと思います。

それに関連して、返済は「自由返済システム」となっているようで、最小支払い額以上ならばいつでも追加返済ができるようになっているという事です。