必要な書類とは?

消費者金融で審査を申し込むときに必要な書類というと、まずは自分の個人情報を証明できるものだといわれています。
個人情報を証明できるものというと、一般的には健康保険証の写しや運転免許証が頭に浮かぶ人が多いのではないでしょうか。
また、パスポートを出すという人も少なくないでしょう。公的に自分自身の生年月日や自分自身の存在証明がわかるものを提出することによって、信用審査を受けることができます。
中には海外から日本に訪れている人で借りたいという人も中にはいるかもしれません。そういった方は、外国人登録所があれば借りることができるといわれていますので、ぜひ用意しておきましょう。

どんなに定額の融資を申し込むとしても、印鑑は必要です。
とはいえ、シャチハタといわれている簡易な印鑑ではなく、認印といわれている一般的な印鑑を持っていったほうがいいでしょう。
もし自分自身の印鑑を持っていない場合には、100円でも購入することができるので、ショップで購入しておきましょう。
また、振り込んでもらう銀行口座がわかるものなども必要です。
オンラインの場合にも、振り込んでもらうために銀行口座がわかるものが必要ですのでしっかりチェックしておきましょう。

また、融資を受ける金額がある一定額以上ではさらに源泉徴収票や確定申告書や給料明細を持っていることも必要だといわれています。
一般的には50万円以上で収入証明が必要だといわれていますが、実は50万円以下でも審査が難しいという人は収入証明が必要とされる場合があるので、金融機関などに確認をしておくことも必要です。
消費者金融で借りる場合には、低額でほんのわずかな間借りるということがあげられている場合が多く、自分自身で借りるときに必要な書類というのは印鑑と通帳だけという方もいるかもしれません、しかし、将来会社などで消費者金融を必要とする人も少なくないといわれていますので、ぜひ参考にしてはいかがでしょうか。

Comments are closed.