住宅が完成するためのつなぎ融資とは

夢のマイホームの建設をいざしようと計画し各種見積もりなどを出してもらうと住宅ローンの申し込みを行います。
住宅ローンの申し込みが終わり審査も無事に通ってもすぐに融資が実行されるわけではありません。
住宅ローンは対象となる住宅に抵当権を設定して担保として借り入れを行います。
ですから融資が実行されるのは住宅が完成して、ローン契約者である借主に引き渡しが完了してからとなります。

しかし工事の進捗状況に応じて施工会社にはお金を支払う必要があります。
融資が実行されないのにお金を払うのは難しいというケースではつなぎ融資を使うことになります。

つなぎ融資は、住宅が完成し実行されるまでの間の資金を別のローンを組むことによって支払っていくことです。
住宅ローンが入金されたらつなぎ融資で借りていた分のお金を返すということになります。

土地を購入して1からの建設の場合には数か月間にわたってつなぎ融資をしなくてはならず、
つなぎの部分となるローンの金利などを慎重に考え選ぶ必要があります。

またすでに建てられているマンションや戸建てなどでも建物の引き渡し日と実行までに時間がある場合には数週間でもつなぎ融資が必要となるケースもあります。

Comments are closed.