ポイント利用も良し悪し

最近は実店舗、ネットショップ問わず、
買い物をするとその店の買い物で
現金の代わりに使えるポイント
つけてくれる店が多くなってきましたが、
この店舗ごとのポイントも、
金欠の解消に役立たないことが
あることに注意したいものです。

年中買い物をしているような
店のポイントであれば、
店舗ごとのポイントは家計を
楽にするのにとても役立ちますが、
年中買い物をしない上に、
販売している商品が数千円、
あるいは数万円単位の高価な商品ばかり
販売している店舗のポイントの場合は、
かえって無駄な出費のもとに
なってしまう場合もあります。

こういった店ほど、2ヶ月ごとに
「数千円のポイントをあげますから買ってください」
という内容のメールを送ってきて、
無駄な出費をするように誘導してきますが、
こういった販売戦略に安易に
乗せられてしまうのも考え物です。

数千円のポイントのために、
数万円ものお金を無駄にする
のが、
本当に自分にとって良い決断であるかどうか、
よく考える必要があるでしょう。

また、最近は、店舗の利益を少しでも
上げようとする販売戦略からか、
全般的に店舗ごとのポイントの有効期限は1年
なっていることが多いようです。
こうなると、思い切ってポイントを
「捨てる」覚悟も必要になってきます。

店舗の販売戦略に惑わされず、
余分なものは買わないように
心がけるのがお金を有効に使うこつです。

Comments are closed.